• 看護部の紹介
  • 教育制度
  • キャリアシステム
  • 先輩メッセージ
  • 看護学生のあなたへ
  • 高校生のあなたへ
  • 福利厚生

教育制度教育制度

京なーすちゃん

当院では「教育理念」を掲げ教育制度を整えています

教育理念

病院、看護部の理念に基づき、患者様の人権を尊重し、安全安心な看護・介護サービスが提供できる看護・介護職員を育成する。そのために、職員の学習ニーズと目標を尊重し、専門職として成長・発達するための学習活動を支援する。さらに、看護・介護実践を通して、自らが主体的に自己の能力開発を行い、それを臨床で発揮できるよう援助する。

「臨床こそ教師」の視点から職場教育(OJT)を重視し、その学びをより深めるため職場外集合教育(off-JT)として、初期研修(卒後1~3年目)、中堅Ⅰ課研修(卒後4~5年目)、中堅Ⅱ課研修(卒後6年目以上)、役責研修(副主任・主任・師長)を行っています。

また、自己学習・能力開発を支援するため、院内学習会の開催・院内認定制度の設置をすると共に、外部研修への参加・学会・研究会での研究発表を積極的に推進しています。 当院の教育制度で学びを得て、成長したスタッフの先輩メッセージもご覧ください。

教育活動 概念図

教育活動 概念図

クリックすると画像が拡大されます。

初期研修の詳細はこちら

職場教育について

日々の看護実践・カンファレンスを通して、看護技術・倫理的思考を学んでいます。初期研修生に対しては、指導者が付くと共に、中堅スタッフ・教育委員・役責もバックアップし、職場全体で学習を支援しています。
また、全スタッフに年3回の育成面接を実施し、能力開発支援を行うと共に精神的援助も行い、自己成長に繋げています。

初期研修

中堅Ⅰ課研修

院内学習会

院内学習会

職場外集合教育

初期研修

卒後1~3年目を初期研修と位置付け、3年間で「医療人として自律し、病院・看護部理念や部署の役割が分かったうえで、安全・安楽かつ患者の立場に立った看護・介護実践ができる」ことを目標に、研修を実施しています。ここでは、卒後1年目研修について詳しく紹介いたします。

4月 看護部 オリエンテーション 「看護部方針」「医療人としてのマナー」「看護・介護倫理」「個人情報保護法」など、看護・介護を担う社会人としての基本を自覚します。
技術研修 「電子カルテシステム」「感染管理」「移乗」などを学びます。
技術研修 「食事介助」「排泄援助」「移乗」「酸素療法」「注射法」など、看護・介護の基本ともいえる技術を、安全・安楽に実施できるようにします。
技術研修 「経管栄養」「膀胱留置カテーテル」「浣腸」「人工呼吸器」「BLS」など、看護・介護の基本ともいえる技術を、安全・安楽に実施できるようにします。
5月 技術研修
多重業務
「12誘導心電図」「検体の取り扱い」「医療機器」などの技術と、複数の患者を受け持って業務をする時に、優先順位を考え安全に看護ができるようにトレーニングします。
6月 医療安全・防災対策 夜勤業務を開始する前に、医療安全の仕組みや防災医療の基礎についてなど緊急時の対応について学びます。
7月 看護・介護倫理 就職してから出会った事例を通して、倫理的問題について検討します。
9月 特殊薬剤の管理・
静脈注射ガイドライン
看護技術を自立して行う事が多くなってきた時期に、注意する項目について学びを深めます。
10月 多重課題演習 複数の患者を受け持って業務をする時に、優先順位を考え安全に看護ができるように模擬患者さんに来ていただいて演習をします。
11月 ACLS
記録
二次救命処置のシュミレーションを行います。看護記録の法的位置付けを学びます。
12月 ケースレポート発表会 受け持ち患者への看護・介護で学んだことをまとめ、発表を行うことで、研修生同士の学びに繋げます。
1月 看護・介護観発表会
医療・介護保険制度
就職して10ヶ月が経過し、少し周りの環境が見えてきた時期に、保健医療制度について学びます。多くの学びの結果に形成された看護・介護観を発表し合うことで、自己の看護・介護観をさらに見つめ直します。

メンタルサポートとして、臨床心理士によるカウンセリングを実施しています。

  • 卒後2年目研修では、災害医療、技術研修、プレゼンテーションスキル、事例発表会、看護・介護観発表会などの研修を行います。
  • 卒後3年目研修では、看護倫理、リーダーシップ、医療・介護保険制度、継続医療レポート発表会、看護・介護観発表会などの研修を行います。

中堅研修

卒後4~5年目を中堅Ⅰ課研修と位置付け、所属部署においてリーダーシップが発揮できることを目標に、育成面接を通して明確になった自己課題が達成できるよう看護・介護活動を行っていきます。研修としては、京都民医連主催のリーダー研修や実習指導者養成講座、実地指導者研修に、積極的に参加します。

卒後6年目以上を中堅Ⅱ課研修と位置付け、看護部・所属部署の中で専門性及び管理的役割が発揮できることを目標に、育成面接を通して明確になった自己課題が達成できるよう看護・介護活動を行っていきます。

また、中堅Ⅱ課の課題である「気になる患者様の事例のまとめ」や、「興味のある看護研究」を実践・発表し、専門性の向上に繋げます。研修としては、医療安全の視点から「薬剤・医療機器管理」「看護・介護倫理」「保険制度」について開催し、部署での役割発揮に繋げています。

院内研修

看護師の力量向上、及び学び続ける機会の提供を目的に、以下の学習会を開催しています。

ジェネラリストナース

様々な疾患を持つ患者様を看護できるように、緩和ケア・認知症ケア・誤嚥予防・褥瘡予防などについて、院内の各チームが講義担当となり、計10回開催しています。

ジェネラリストナース

院内認定制度

看護部では、専門知識・技術の向上と、興味のある領域に対する学ぶ姿勢への支援を目的に、「院内認定リンクナース制度」を設置しています。

外部研修・研究発表

自己学習・能力開発を支援するため、積極的に外部研修への参加、学会・研究会への研究発表を行っています。
また、外部研修に関しては、参加後に所属部署において伝達講習を行うよう位置付けるとともに、院内研修・学習会の講師を担ってもらうことで、研修での学びがより深められるようにしています。

2016年度研修参加件数

外部研修参加 87件  / 学会発表 28演題 / 学会参加 27件

お問い合わせはこちらから

■お電話でのお問い合わせ

06-6948-8400

→ 受付時間 平日9:00~17:00(師長室)

■メールでのお問い合わせ

採用応募フォーム

各種お申し込みフォーム

お問い合わせはこちらから

お知らせ

  • 新着情報
  • ブログ

紹介動画

06-6948-8400

閉じる

メニュー

第二中央病院サイトへ