• 看護部の紹介
  • 教育制度
  • キャリアシステム
  • 先輩メッセージ
  • 看護学生のあなたへ
  • 高校生のあなたへ
  • 福利厚生

初期研修について初期研修について

京なーすちゃん

入職してから卒後3年目までの研修を紹介します

京都民医連の教育方針は、患者を生活と労働の場からとらえ、
「患者の人権を守り、患者の立場に立った、親切でより良い医療・看護」

卒後初期研修は、技術の習得と、ケースレポートや事例研究を通してお互いの「看護観」を深かめます。卒後1年目の指導は、卒後5年以上先輩の実地指導者が担当し、お互いが学び合い、成長しあうことを目的とします。

到達目標

Ⅰ.医療人として、自律できる。
Ⅱ.病院・看護部の理念や組織と部署の役割が分かり、日常業務が実践できる。
Ⅲ.安全・安楽を基に看護が展開できる。
Ⅳ.患者の立場に立ち、共同の営みとして医療・看護をとらえることができる。

研修スケジュール

1年目

ひとりひとりのペースで力をつける

看護の基礎を身につける1年目。
月1回の集合研修と現場での実地指導者制度で力をつけながら、
1年のまとめとして、退院後訪問なども含めて一人の患者に
じっくり向き合い、症例をまとめ発表する。

災害医療・看護の研修も始めました。実際に災害医療・看護を経験した看護師の講義と実際に病棟に出向き、火災が起こったときの看護師の対応の仕方等を学び、防災への意識を高めます。

4月・5月

・看護部オリエンテーション
看護倫理、看護業務基準、感染防止、接遇を学ぶ

・基礎看護技術を学ぶ
静脈注射、栄養管理、酸素療法、吸入・吸引技術、トランスファー、救急対応

5月
6月 ・災害医療・看護を学ぶ
7月 ・安全安楽な看護技術を学ぶ
9月 ・ケースレポートをまとめる(8~11月)
・多重業務演習
10月 ・看護倫理を学ぶ
12月 ・ケースレポートの発表
1月 ・看護観の発表
2年目

さらにスキルアップ

医療安全や倫理的視点、社会保障や介護保険についても学びます。事例をまとめ、学会発表につなげます。

2年目研修では、事例に取り組みます。各自が受け持った患者様を疾患だけでなく、生活と労働の視点を持って、全人的に捉えられる能力を養います。また、技術研修として、輸血・化学療法の研修を行います。

5月 ・事例研究に取り組む(6~9月)
6月 ・技術研修 (輸血・化学療法)
・災害医療・看護を学ぶ
9月 ・プレゼンテーションスキルを学ぶ
・看護倫理をグループワークを通して学ぶ
10月 ・院内事例研究発表
12月 ・京都民医連全体での事例研究発表会
1月 ・リーダーシップ研修
2月 ・看護観の発表
3月 ・卒3研修への導入研修
3年目

総合的な視点が広がる

3年目は「地域」がキーワード。地域の方との医療懇親会では、病院や看護師への信頼が伝わり、元気をもらえます。

卒後3年目になると、1年目看護師のプリセプターとして、指導担当をし、後輩育成についての意識や能力を養います。また、フィールドワークに取り組み、医療・看護の継続性を考える機会とします。

4月 ・卒1指導について学ぶ
5月 ・フィールドワークに取り組む(6~9月)
6月 ・ストレスマネジメント・傾聴スキルを学ぶ
・卒1指導の交流(1)
9月 ・災害医療・看護を学ぶ
・卒1指導の交流(2)
11月 ・フィールドワークの発表会
1月 ・看護観の発表
2月 ・初期研修終了交流会
フィールドワーク

入院中に受け持たせていただいた患者様が地域でどのような生活をされているのか、実際に家庭を訪問させていただいたり、利用されている社会資源活用の状況を見させていただく中で地域における自分たちの役割を学ぶ研修。

教育制度

お問い合わせはこちらから

■お電話でのお問い合わせ

06-6948-8400

→ 受付時間 平日9:00~17:00(師長室)

■メールでのお問い合わせ

採用応募フォーム

各種お申し込みフォーム

お問い合わせはこちらから

お知らせ

  • 新着情報
  • ブログ

紹介動画

06-6948-8400

閉じる

メニュー

第二中央病院サイトへ