• 看護部の紹介
  • 教育制度
  • キャリアシステム
  • 高校生のあなたへ
  • 看護学生のあなたへ
  • 転職希望の方へ
  • 復職希望の方へ

ナースマンは語る ~私が看護師になったきっかけ~ No.2ナースマンは語る ~私が看護師になったきっかけ~ No.2

京なーすちゃん

ナースマンは語る ~私が看護師になったきっかけ~ No.2

2009.02.16
  • LINEで送る

6年目男性看護師、久々の登場です。この前からの続きを今回は書きます。


私は、働き始めてからもなかなか明日に希望を持てない日々でした。

そんな時に声を掛けてくれたのが、その5歳年上の男性看護師でした。

偶然、病院玄関の前で遭遇し(彼は仕事を終え帰宅するところでした)、帰る方向も一緒

だったのですが、その時、「よう頑張ってんな。俺、正直すごい思うで、自分。」と声を

掛けられました。今、そのぶっきらぼうな声掛けのことを思い出すと笑ってしまいます

が、それまでの看護師と患者の家族という関係ではなく、そのぶっきらぼうで「温かい」

声掛けに、張り詰めていた緊張が解けたのでしょう、自分の苦しい思いを彼に吐露するこ

とができました。

あの感情の爆発がなかったら、またいつか逃亡していたかもしれません(笑)


その父が退院してからも個人的に交流が続き、自分にとっては「兄」ができたような存在

でした。その彼との交流の中で、「看護師」という職業に興味を持ち、彼の応援もあっ

て、本格的に看護師を目指すことになりました。


看護学校に行くまで数年かかりましたが、それはやはり一旦社会人をやめて学生生活を送

るにはある程度の「資金」が必要とのことで、頑張って貯金をしました。

でも不思議と目標があると辛くないんですよね。「よっしゃ、やったる!」という気持ち

の方が大きかったと思います。


そんな「兄」は、今天国にいます。

私が国試を受けて数日後、合格の報告もしないまま、バイク事故であっけなく突然に旅立

ちました。今、6年目となった自分を見せることはできないけれど、きっと「おい、もうち

ょっと頑張れや!あと痩せろ!」とあの日のように小突かれながらぶっきらぼうに言われ

るのだろうなと思います。


今回はこれまでです。次回に続きます。

次の記事へ 一覧へ 前の記事へ

0757129082

閉じる

メニュー

あすかい病院サイトへ